事業計画書の作成について

事業計画書とは?

どこよりも詳しい!事業計画の作成ポイント

今回は事業計画書の前半、「事業計画」の作成ポイントを詳しくご説明します。

融資をお願いするときに会った担当者は、融資実行の決定権限を持っていないのが通常です。
直接会えない最終決定者の方にも、しっかり事業の魅力が伝わる事業計画を書きましょう!

-----------------------------------------

1.会社概要
どのような会社か一目で分かるように書く


2.マネジメントチームの紹介

信頼できる経歴や実績があり、新しい事業を始めるために必要なノウハウや資格を持っているか


3.事業立ち上げの経緯

(1)ビジネスチャンス    

社会の状況や世間のニーズについて書く

(2)分析         

(1)の裏付けとなるデータと客観的な分析、問題提起したいこと

(3)解決策          

(2)であげた問題点をどうやって解決するか、なぜ自分なら解決できるのか

(4)コミットメント       

 将来的に達成させる目標(短期・長期)


4.商品・サービス

(1)商品名・サービスの内容  

主なものを書く

(2)コンセプト           

伝わりやすいよう具体的に

(3)競合他社との違い・当社の強み    

「3.事業立ち上げの経緯」とリンクさせながら、できれば3つ以上書く

(4)店舗の開業場所・店舗情報、顧客ターゲット   

開業場所の選定理由は(2)コンセプトや(3)当社の強みとリンクさせながら書く


5.主な取引先

 取引を開始した経緯、今後の開拓方法など(仕入先・得意先)


6.今後のスケジュール

 営業開始までの主なもの、いつまでに融資が必要か

-----------------------------------------


いかがですか?

頭の中に描いていた会社のイメージや起業までの道のりが、具体化されたのではないでしょうか。


「3.事業立ち上げの経緯」と「4.商品・サービス」は当然ながら事業計画のハイライトです。

融資担当者があなたの会社のファンになってくれるよう、事業の魅力を余すことなく伝えて下さい!

 

一覧に戻る

ページの先頭へ